08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タキソール始まる

10月20日(水)
7回目の入院

FEC療法が4クール終了し、今回はパクリタキセル療法(ウィークリータキソール)4クールに突入。

薬剤師さんが治療スケジュールを持ってきてくれた。

①デカドロン注(ムカつき、吐き気及び過敏症を抑える)
 ザンタック注
 ポララミン注
    ↓
②カイトリル注(グラニセトロン注)(ムカつき、吐き気を抑える)
    ↓
③パクリタキセル注
    ↓
④生食注(お薬を洗い流す)


薬剤師さんによると、EFCみたいな吐き気はないだろう・・・と。
前回と同じく制吐剤のイメンドが処方されているが、必要ないかもとまで。
本当に?
私をあまり期待させないで。これで吐き気が襲ってきたら凹むから。

タキソールの副作用は主に
手足のしびれ、筋肉痛、関節痛、むくみ、脱毛

脱毛と筋肉痛、関節痛はEFCで経験済み。
手足のしびれ・・・あんまり想像できない。
むくみ・・・これ以上顔が丸くなるのは嫌だー!

抗がん剤しょっぱなからタキソテールがアナフィラキシーで中止になったという経緯があるので、今回もタキサン系ということでかなり不安
主治医は「私は大丈夫やと思ってます」って言う。
そりゃ、あんたは処方するだけやし軽くそんなこと言えるかも知れんけどさぁ。

やるしかないけどね。
スポンサーサイト

ドキドキ・・・タキソール

10月21日(木)
タキソール始まる。

昨夜は何だか良く眠れなかった
いくらFECよりも吐き気の心配はない、と言われても心の隅には「アナフィラキシー」の恐怖がある。

薬剤師さんの助言で、朝デパスを飲む。
その後、イメンドも飲んだ。

11時過ぎ点滴が届く。
今日の点滴ルートをとってくれる先生はMJ先生。
らっきー!
いつもほとんど一発で決めてくれる。今日も決めてくれた。ありがとう先生。

12時前からタキソールが身体に入り緊張したけど特に今回は身体の異常も感じることなく無事に点滴終了。
この薬はアルコールで溶解しているそうだが、点滴中眠気が襲ってきてウトウトしていた。
点滴後も身体が火照っている。酔っぱらってる状態なのかなぁ

夕方、少し口が苦いような感じがしてきたけど、吐き気はない
・・・といっても食欲はあまりない。ごはん3口、オレンジ2房、プリン。
いやいや、でもこれだけ点滴当日に食べられるなんてFECではありえない。
このまま吐き気が無ければいいなぁ。

ひとつ気になるのは「むくみ」
手が握りにくい気がする。

アナフィラキシーが出なかったのでこれから4クール(12回)することになる。

ウイッグのこと


かつら(おしゃれにいうとウイッグ)
まさか
私がお世話になるとは思ってもいませんでした

私が持っているのは2種類。

一つ目は、4万円台の安いウイッグ(一応、医療用らしい)
つむじ周辺が人口皮膚(?)になっているもの。ロング。
安いのでヅラとわかりそうなのでさらに帽子を被っている。
帽子を被らなくてもいいのが欲しいのが本音。
期間限定だと思って我慢している。

二つ目はネットの裾に付け毛がグルッと付いているもの。前髪もあり気分で付けたり外したりできる。
この上に帽子を被る。(帽子がないと落ち武者)1万円台。ミディアム。
こちらは帽子必須!
でも気軽さが気に入っている。

どちらも一長一短ありますが、無くてはならない私の友。戦友です

ウィークリータキソール2回目

10月28日(木)

初の外来での抗がん剤。
抗がん剤経験済みだけど、入院とはまた勝手が違い緊張する

朝一で採血してもらうために8時半に病院に到着したのに採血待ちの人ですでに一杯!
(出遅れたか?ワタシ・・・
と思ったが、化学療法を受ける人はVIP待遇(?)で一般の人とは別室で優先的に採血してもらえる。

結果、白血球が3000とギリギリのところだったけど何とか今日受けられることになった。

外来化学療法室という所に案内してもらう。
一通り説明を受け空いている好きなベッドで薬が到着するまで待機。
ベッドは、一つずつカーテンで仕切れるようになっていてテレビとDVDデッキがついていて、自由に見ていい。
においのないものなら飲食もオッケー
なので早速
少し時間がありそうなので売店へ行き、飲み物とサンドイッチ(昼食用)と雑誌を購入。

化学療法室        本日のお薬


このごろ点滴ルートをとるのが大変になってきた。
今日はお上手なKT先生だったので安心していたにも関わらず、4回目でやっとうまくいった。
KT先生によると、私の血管は「極細」らしい。

11時40分頃点滴開始。1時40分頃無事終了。

家へ戻ってからも、ちょっと口がマズイくらいでまずまず元気。
このまま副作用がでませんように!



いまいち・・・

10月31日(日)

もう10月最後の日

もうすぐハロウィン♪


先生も薬剤師さんもタキソールは吐き気は「ない」と言っていたけど・・・
私、結構「あり」なんです。気持ち悪い
胸から喉まで何とも言えない不快感あり。
何を食べても美味しくない。

それから、昨日からなぜかお腹と背中がかゆい!
これも副作用?

今日は天気が悪いせいか、気分もドンヨリして身体が重い。

午前中は横になってもチビ達がひっきりなしに上に乗っかってきたりして休めない。
午後、チビ達が昼寝をしたので一緒に寝る

薬に弱い体質なのかなぁ。

タキソール3回目

11月4日(木)

今日はタキソール3回目。
自転車で病院に向かう。どんどん抗がん剤に慣れてきた自分に驚く

採血の結果、点滴OK。(白血球3400)
先生にこの1週間の体調を聞かれたので
「便秘がめちゃくちゃひどい」こと「点滴3日後くらいから吐き気がして辛かった」ことを話すと
便秘対策に制吐剤の変更と再びイメンドを処方してもらうことになった。

化学療法室へは今回2回目なのでちょっと余裕
ベッドでテレビを見ながら点滴を待つ。

今日、点滴ルートを取ってくれる先生はいかにも若い新人風で
(今日は何回刺されるか・・・)
なんて思っていたけど、その先生は私の左腕をじっくり観察し「ここでいきましょう」とすんなり一発で決めてくれた。
先生、見た目で判断してごめんなさい。そしてありがとうございます

今回からは通常の時間で点滴をした。
点滴中はやっぱりウトウトしていた。

これで来週は休薬
1クールクリア!

ダルい(-"-)

11月9日(火)

ここ数日、とってもダルい。
何にもヤル気が起こらない。

朝、どうしても起きられずお弁当はおろか朝食の準備も出来ず7時20分にやっとの思いで身体を起こす。

夫は慌てて支度をし仕事へ。
長男も何とか送り出した。

いつもなら、8時過ぎに1回目の洗濯を干し終わるところが今日はまだ洗濯機も回ってない状態。

「アレしなあかん」「そうや、あれも」
そう思うのに身体はしんどくてイライラする。
出来ることならしばらく何も考えずに横になっていたい・・・

このしんどさも副作用かな



これも副作用かな

11月15日(月)

先月、とうとう生理が無かった。
毎月きっちり来てた生理がFECの3回目位に遅れてきたのが最後となった。

面倒なので無くてもいいか・・・と思っていたのだけど。

最近、いきなり身体がカーーーーーッと熱くなる現象が頻繁に起こる!

これって「ホットフラッシュ」とかいうやつ?

私の身体は抗がん剤に更年期にされてしまった。
私から色んなモノを奪っていく「がん」
消えてなくなれーーー

散歩中咲いてた

タキソール2クール目入りました

11月18日(木)

タキソール2クール目の1回目を受けるため病院へ。

気になる白血球は3,300。セーフ
3,000を切ったら延期だそう。

診察待ちで乳がん患者仲間のTさんに偶然出会ってお互いの近況報告をする。
Tさんは化学療法後の放射線治療がやっと終わって、今日は骨シンチの結果を聞きにきたそうだ。
Tさんとお喋りし、元気をもらった

今回も点滴前にイメンド(吐き気止め)を飲んだ。
点滴が始まって
(何か痛いかもーーー)
と感じていたけどTVをみたりして我慢していた。
でも
(やっぱり痛いーーー
と腕を確認すると赤く腫れてるしぃ!

はーーーーーーーーっ

また刺しなおしやん

結局今日もこうなりました(腕の裏にもシールあります)

毎回耐えてます(^_^;)

タキソール2クール目(5回目)

11月25日(木)

8時半までに採血室に行かなければいけないのに・・・
今日は余裕で出掛ける準備をしたはずなのに・・・

やっぱり今日もギリギリになり自転車で

滑り込みセーフで採血をしてもらうけど、ぜーぜー息が荒いしハンカチで汗を拭いているので
「また今日も自転車できたね・・・」と看護師さんに突っ込まれる。
血圧もいつもより高い。

診察では
「EFC3回目から生理が止まっていて、最近ホットフラッシュのような症状があり不快ですが、更年期障害のようなものでしょうか?」
と先生に聞いてみたけど
「違うと思うけど。様子みて。」
とあっさり否定。スルー。終わり。

私の主治医は自分の専門外の事に関してはいつもこんな感じ。
(もーえーわ・・・)
と諦めモードで診察室を出ると、看護師さんが「更年期障害かも。めまいやダルさはない?」といろいろ聞きに来てくれた。
看護師さんって先生のフォローもしなくちゃならない大変なお仕事だ。
看護師さんのおかげで気を持ち直せました。
ありがとうございました。


今日は薬の到着がめっちゃ早くて待ち時間なく点滴出来たので12時ごろ終了。

眉毛はどこにいった?

11月28日(日)

やっぱりタキソールの脱毛はすごい。

半分くらい残っていたまゆげ・・・
今日、全部無くなってしまった

眉毛が無いと、人相わる~・・・
まー描けば何とかなりそうですが。

悲しい副作用。

婦人科受診

11月29日(月)

やはり「ほてり」が頻繁にあって
夜もそのせいで何度も目を覚ますので
かかりつけの婦人科を受診してみることにした。
2年前と3年前にチビの出産でお世話にもなった病院。

先生「久しぶり。今日はどうした」
私「実は、5月に乳がんだとわかって・・・へへへ」←なぜか愛想笑いをしてしまう
先生「え???ほんまかいな」


今までの事を簡単に話し、生理が止まってしまったこと、ほてりがひどいことを相談した。

予想していたが「内診してみよか」と先生。
「・・・オシモも脱毛してるので・・・」と嫌がると
「そんなもん、どうもない!」

診てもらった結果
やはり抗がん剤により卵巣と子宮は委縮していた
そのせいで更年期障害の症状が出ているとわかった。

本来、ホルモン剤が効くそうだが使えないそうなので漢方薬をもらった。
「当帰芍薬散」
効きますように!

今日もいい天気!

タキソール2クール目(6回目)

12月2日(木)

今日は2クール目3回目の点滴。
次週は休薬
そう思うと気分が楽。

外来での化学療法も慣れてきた。
採血・診察・点滴・・・毎週同じ。

この頃の一番のストレスは、針を刺すこと
採血で手の甲に一回
点滴を打つのに最低一回(たいがい一回で済まない)

手をグーにして耐えている時間がとても長く感じる。

でもこれもあと2クール
耐えよう・・・
道路わきで咲いてた

休薬\(^o^)/

12月9日(木)

毎週木曜はタキソール
スーパーの売出日のように
最近の私にとっては木曜日が特別な日になっている。

でもでも
今日は4週間に1回ある「休薬日」
しかも今回は外来にも行かなくてもいい。
解放感

垣根も紅葉してキレイです

目標90歳!

12月13日(月)

2週間前に処方してもらった「当帰芍薬散」が無くなったので婦人科に行く。

「ほてりはまだあるけど薬を飲んで少しマシな気がする」と言うと
しばらく続けて飲んでみることになった。
最初「苦いで」と聞いていたけど、私はそれほど苦く感じないので続けられそう。


先生「子ども、まだ小さいし、長生きせなアカンで」
私「三男が成人するのを見届けたいので20年目標です」
先生「20年?何ゆうてんにゃ、50年イケる!
私「50年ですかぁ?・・・ほな、いってみましょうか(笑)」
看護師「うん、うん、頑張って~

診察室でこんな会話をした。
外科ではまず考えられない和やかな空気
明るい気持ちになれました。
でも、50年後って90歳なんですけど・・・

近くの紅葉でも充分です


これは?

12月14日(火)

数日前から足の裏、手の甲から指先までがしびれたような感覚。
そしてたまにピリピリとした痛み。
もしかしてこれは
末梢神経障害というやつ?

その他
なかなか引かない頭のブツブツに背中のかゆみ

明後日の診察で先生に相談するつもりだけど
結局、抗がん剤が終わるまでお付き合いしないといけないんだろうなー

ぼちぼちいこう


タキソール3クール目(7回目)

12月16日(木)

タキソール折り返し地点の3クール目。

最近
手の甲で採血するのも当たり前のようになった。
待合で「この人も私と同じかな。」と思う人を見かける。
点滴前の診察も血液検査の数値を確認し「じゃ、(点滴に)行ってください」とあっさり終了する。
化学療法室では、自分のお気に入りのベッドの場所ができた。
点滴中は必ず眠くなりウトウトしている。

こんな感じ。


今日も無事に終わった。
・・・が
夜になって右手が痺れてきた。
物をつかもうとしてもポロっと落とすこと数回。
手が握りにくく気持ち悪い

とっても不快でイライラしてしまった・・・反省

気持ちを静めよう・・・

【ほてり】と【しびれ】

12月20日(月)

FECでは吐き気の副作用に参っていたけど
タキソールでは吐き気は上手くコントロールできていて
点滴後3~4日くらい口がマズイ程度。
イメンドを飲んでいるおかげかもしれません
お世話になってます


このごろは
ホットフラッシュがパワーアップ
カーーーーっとなるだけだったのが
かーーーーーーっとなって汗がダーーーーーーーーッ・・・っと吹き出す
夜中は寝汗でパジャマがビッチョリ。
日中は出先で帽子の中がビッチョリ~

そして
手足のしびれ
足の裏に何かくっついてるようなぼわんとした違和感。
手の指がむくんでいるような・・・違和感。
冷たい水がビリビリ痛い

バスタイムに手足をモミモミしてみるけどあまり効果なし

タキソール3クール目(8回目)

12月24日(金)

昨日は祝日だったので今週の治療は金曜日。
しかし悲しいかな、よりによってクリスマスイブとは・・・

診察では
「お変わりありませんか?採血の結果も問題なし。では点滴行ってください」
とお決まりのコメント。
「お変わりありませんか?」
と機械的に聞かれても、もう話す気になれない自分がいる。

*手足がしびれていること (よほどひどくなければ仕方ない)
*ホットフラッシュがつらいこと (化学療法とは関係ないと思うけど)
*頭のブツブツがよくならない (かつらを被ってるからじゃない?)

かっこの中は以前、主治医に言われた言葉

アーーーー
クリスマスイブなのに主治医に対する愚痴言っちゃった
今日はちょっとひねくれてるかも。

そんな私に罰が当たったのか
今日の点滴はとにかく痛かった。
場所は手首。
怖くて手を曲げられない。
漏れてはいないが、点滴が落ちるたびドクドク痛む。
何回も看護師さんに「痛い」と訴えてしまった。
「刺しなおす?」と聞かれたけどそれもイヤで・・・
結局最後まで耐えた。
院内もプチXmas!

これでひとまず今年中の治療は今日で終了!
来年6日まで羽を伸ばすでー

出掛けた翌日は(*_*)

12月26日(日)

今日はしんどい。
何とも言えない倦怠感
昨日、調子に乗り過ぎたかなぁ・・・
出掛けた次の日は、こういうパターンに陥りやすい。
手足のしびれもいつもより強い。

チビ達のお昼寝タイムが待ち遠しい
この時ばかりと一緒に寝る。

明日がんばろ・・・っと。

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。