09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルネガティブ

「トリプルネガティブ」って

この響き・・・

何とかならないのかなぁ。
絶望感たっぷり漂ってて私はとっても嫌い

ネットで「トリプルネガティブ」って検索すると、そりゃもう恐ろしいことばっかり書いてある。

*有効な治療がまだ見つかっていない
*分からないことが多い
*予後が悪い

など。はー・・・本当に気持ちもネガティブに

子ども達の成長する姿を見ることができないのかも・・と思うと涙が溢れてくる。

死にたくないよー
スポンサーサイト

何回見ても(-"-)

決してあきらめないで。トリプルネガティブ乳がん

↑とあるサイトのタイトルがこうありました。
読んでいると薬や治療法の研究が色々とされているとあった。

その最後にトリプルネガティブについての説明がありました↓コレ

[トリプルネガティブ乳がん]

●他の乳がんとは異なったタイプのがん
・若い年代に多く見られる
・腫瘍の増殖が速く、悪性度も高い傾向
●一般的に予後が悪い
・再発リスクは1~3年がピーク
・他の臓器に転移しやすい


ケッシテアキラメナイデ・・・かぁ。
余計切なく感じてしまった。


術後2年経過

6月23日(土)

タイトル通りですが、おかげさまで乳がん手術後2年が経過しました

トリプルネガティブ乳がんの再発・転移は術後2~3年に多いということですが、その3年のうちの3分の2を何事もなく過ごさせていただいたことを有難く思っています。
(もちろん、3年以降もトリネガとして以外に乳がんとしての再発・転移リスクはある訳で、「安心したらアカン」と主治医に言われています・・・ハァ・・・がん患者って精神的に強くならないと辛いですね~)

2年前、告知を受けて自分がトリプルネガティブだと知ったときは本当にショックでした。
でも、この2年間で乳がんを通じて沢山の方とお知り合いになって、その方々の中にトリプルネガティブん乳がんの方も結構いらっしゃることがわかり随分と励みになりました。
(乳がんの10~15%くらいはトリプルネガティブなんですよねー)

今後の私の大きな目標は
トリプルネガティブ乳がんを克服する
そして、だれかの希望になれること

小さな目標は
来年の今日も良い報告が出来ますように・・・


先日、いつもお世話になっているトリネガ仲間Yさんが「トリネガ最新情報なる記事が載ってるよ」と入手困難の雑誌を貸して下さいました

乳がん総力特集!

それにしても皆さんはこうしてご自分で情報収集されたり勉強されていてスゴイです!!
他人事みたいに言ってる私も本当はもっと病気のことなんかを勉強しないとアカンのでしょうけど
だってね、ネットとか見てると「予後が悪い」とかネガティブなことばっかりヒットして、どんどん落ち込んでしまうので・・・
今まで情報収集を避けて来たってことが勉強不足の原因かも。
でも、正しい情報を持つのは大事なことだと改めて感じたので、これからはいい情報収集が出来るように頑張りたいと思います

まだまだ治療法が確立していないトリプルネガティブですが、アバスチン、ジェムザール、パラプラチンなどとタキソール併用法や、現在開発中の分子標的薬のPARP1阻害薬などの効果が期待されているみたいです。
これから、どんどんいい治療法が出てくると信じて前向きに行きたい(生きたい)と思います


化学療法のことで、ひとつだけ腑に落ちない文章がありました。
「制吐剤が進歩したため、嘔吐したり食事が摂れなくなる人はほとんどいない」
ほとんどいない・・・って(断言してるしっ!!)
確かに、昔よりは副作用対策もずっと進歩してるでしょう。
そして、もちろん個人差はあるやろうけどさぁ、これ、違うと思うでぇー
私だけが「稀な人」じゃないと思うでぇー。
(なぜかいつも最後は愚痴になってしまうわぁ・・・


ぼちぼちの更新ですが、これからもよろしくお願いします

トリネガについて

9月1日(土)

やっと9月ですねー
が苦手な私ですが、今年は結構アクティブだった気がします。
友人からのお誘いや夫の出たがりの性格が、普段からお尻の重~い私を動かしてくれました(笑)
ありがとうございます


一週間前(8月26日(日))のことです。
あけぼの講演会にて京都大学の戸井雅和先生のお話をを聞いてきました。
今回は「(再発転移後の)薬物療法」についてがテーマでしたが、トリプルネガティブの再発についても少しお話されていました。
そのことについてちょっとだけ・・・
(もう、既に勉強されている方はご存知の内容かも知れませんが)


トリネガには少なくとも4つのタイプがあることがわかってきた
          ↓
さらにその中でも6つくらいタイプが分かれる
          ↓
その中の3、4つのタチが悪い


再発リスクのパターン
ホルモン受容体(ER)陰性の場合、3年が再発のピーク ←トリネガは絶対陰性ですよね!
それ以降も再発はあるがリスクは低くなる
10年以上再発がなければ、ほとんど再発なし


再発部位
トリネガは脳・肺・肝臓に多い(脳転移患者の3分の2がトリネガだったそうです)


そして
トリネガに限らずですが、再発予防として
極端な肥満はしない(日本人レベルならあまり気にしないでよいそうです)
軽いエクササイズを続ける
活発になる
無理をしない
大きなストレスを避ける


再発予防に『活発になる』とありますが、やっぱりお尻が重いのは良くないみたいです
なので、
これからもどんどん楽しいことにお誘いいただけたらと思っています!(笑)
よろしくおねがいしまーす

関係ないけど白玉パフェ♪

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。