06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬物アレルギー

7月8日(木)
いよいよ抗がん剤が始まる。

昨日、先生から説明があり
TC療法×4クールの後、薬を変えてさらに4クール合計8回・・・
本来、TCは後でするそうだけど吐き気を怖がる私に先生が「TCの方が一般的に吐き気の副作用がマシ」らしく配慮して下さって順番が逆になった。



朝一でシャワーを済ませ、ドキドキしながら待つ。

薬剤師さんが説明に来てくれた。

① グラニセトロン注、デカドロン注 (吐き気、過敏症を抑える)
      ↓
② タキソテール注(ドセタキセル)
      ↓
③ 生食注  (薬を洗い流す)
      ↓
④ エンドキサン注(シクロホスファミド)
      ↓
⑤ 生食注  (薬を洗い流す)


11時前に点滴開始。


今日担当でない看護師さんが抗がん剤を怖がっていた私を気遣って様子を見に来てくれた。
同じ病室の患者さんも一緒に話をしたり「初・化学療法記念」と、写真撮影をして緊張をほぐしてくれる。
そうしているうちに②本目の点滴(タキソテール)が始まった。
それから2~3分後だったと思う。
お喋りしていると急に胸が締め付けられ、息が出来なくなった。
「なんかおかしい」
「苦しい、苦しい」
そういうのが精一杯。
耳も聞こえづらくなり目の前も白くなってきた。

私の異変に驚いた看護師さんはすぐ点滴を止め、ナースコールで看護師に連絡。

息が出来ず、溺れたかのように苦しい。
酸素マスクをして、深呼吸の指示があるが息がうまく吸えない。
「このまま死ぬかも・・・」
本当にそう思った。

しばらくして何とか呼吸出来るようになり、気が付けば私の周りには医師や看護師が沢山で心電図、レントゲン、採血等バタバタと処置や検査が行われた。
自分に何が起こったのか・・・???
怖くて涙が出た。

どうも、タキソテールでアレルギーを起こしたようだった。
今日の点滴治療は中止となった。
初化学療法☆記念写真
↑この直後にハプニング
スポンサーサイト

明日はEFC

7月14日(水)
化学療法のため入院する。
チビ達に内緒でコッソリ家を出た。

今回はちょっとブルーな気持ち。
明日の治療の不安を無くすために先生に色々とお願いを聞いてもらった。
(副作用対策のことなど)
ネットで仕入れた情報を先生にみてもらって相談もした。
先生は「お、何を勉強してきた?」と嫌な顔せずに対応して下さった。

このことで随分気持ちが楽になったように思う

FEC療法1回目

7月15日(木)
FEC療法1回目。

11時45分頃から点滴開始。
点滴中、昼食を軽くとる。

今日は夫が仕事を休んで付いていてくれ、前回同室だったHさんも様子を見に来てくれて心強かった。
アレルギー反応もなく、2時30分終了。


☆FEC療法 治療スケジュール☆

①カイトリル注(グランセトロン)
 デカドロン注   (ムカつき、吐き気及び過敏症を抑える)
   ↓
②生食注(薬を洗い流す)
   ↓
③ファルモルビシン注(エピルビシン)
   ↓
④エンドキサン注(シクロフォスファミド)
   ↓
⑤5-FU(フルオロウラシル)
   ↓
⑥生食注(薬を洗い流す)


夕方からすごい吐き気が襲ってきた。
この日の夜は地獄だった。
友達のYちゃんがお見舞いに来てくれたけど、私の様子を見て驚いたのかすぐ帰ってしまった。
びっくりさせてしまってごめんね、Yちゃん

劇薬FEC

7月16日(金)・17日(土)
このころのことは状況を思い出して書いています。

吐き気止めをマックスに使ってもらい、トイレ以外はベッドに横になっていた。
めまいがする。
水も飲めない。

しんどいよー

7月18日(日)

とてもしんどいけど昨日より少しマシかなぁ。
まだ、水分を受け付けず・・・点滴が頼り。
夫が持ってきてくれた巻きずしを1個食べることができた。



7月19日(月)
昼過ぎごろから吐き気がマシになってきたので看護師さんにシャンプーしてもらった。
すっきり!

夕方、点滴している腕が腫れてきたので抜いてもらった。
夕食はうどんを少し食べられた。

三兄弟が揃ってお見舞いに来てくれたので元気が出た。

考え方

7月20日(火)

まだムカムカするけど、やっと薬が抜けてきた感じ
水分も食事も少しずつ口に入るようになってきた。

脇のリンパ液を抜いてもらい(今回2回目)、明日退院することに決定。

同室で仲良くなった患者Kさんに
「抗がん剤、あと5回もある
と愚痴ったら、
「もう1回終わったと思い
と言われ・・・そうか。そう考えなアカンにゃ。と気分が明るくなれた

☆今日食べられたもの☆
ポタージュスープ、サンドイッチ、うどん

家に帰る

7月21日(水)
退院する。

長男が荷物持ちに来てくれた。

家に帰って三男と再会すると、また恥ずかしがって近づいて来ない。

金曜日まで夫の母にお世話になる。

☆食べれたもの☆
うめぼしおにぎり、アイスもなか



7月22日(木)

1日中身体がだるく微熱があり下痢も。
三男が私の胸の傷を見て

「びょういんした?」
と聞いた。

白血球

7月23日(金)
外科外来の日。

骨髄抑制のため白血球が1,900まで下がっているということでグランを注射。
また月曜日外来に来るように指示がでた。


まだ、体調がイマイチなのに夫の母が今日帰らなければならないので、私の実家に三男を預ける。
次男は、三男が留守になり寂しいかと思いきや、結構のんびり落ち着いて静かなひとときを満喫しているようだった。

自宅療養

7月24日(土)
今日は結構体調が良い。

買い物へ行き、チビ達の髪が伸びていて気になっていたのでカット。
三男が嫌がって大泣き。

夕食は、夫がハンバーグを作ってくれた。(私のリクエスト)




7月25日(日)

昨日、調子が良かったので動きすぎたのか・・・今日は体調が悪い。
午後からダルさは取れるが、下痢3回。

三男が私の実家にホームステイに行って居ないので、次男は穏やかに過ごす。
でも、時々つまらなそう。
おやつのゼリーを「○○ちゃん(三男)にあげる」といい2個残す。



以前から作りたいと思っていた「タオル帽子」を作ってみる。

白血球、がんばれ

7月26日(月)
外科外来の日。

血液検査の結果、白血球600、好中球5%ととても低い。
グラン注を打って、また明日来るようにと指示が出る

自覚症状は特にないけど、体の中では細胞が抗がん剤によってやられてるんだー
いい細胞をやっつけないで悪いのもちゃんとやっつけてよ!と願う。

で、
今日は土用の丑。
夕食にと私の父が鰻を買ってきてくれた。
今日は夫のご両親も一緒にみんなで鰻を食べた。
力がみなぎってきた?

ごちそうさまでした!!

副作用で入院

7月27日(火)

昨夜から股関節が痛み出し、夜中になると眠れないくらいに下肢全体が痛み出した。
夫を起こすのも可哀想なので朝の6時頃まで我慢し、救急外来へ

多分、薬の副作用でしょうが、白血球も少ないし・・・とそのまま入院。
白血球は昨日と同じ600
今回は感染予防も兼ねて1人部屋(個室)
マスク着用、トイレ以外部屋から出ないでね、と指示が。

予定外の入院となり、またまた家族に迷惑を掛けてしまった・・・
三男も再び私の実家にホームステイ。

キター!脱毛・・・

7月28日(水)
髪の毛が抜け始める。
抗がん剤投与から14日目。

数日前、看護師さんから「琵琶子さんはまだ抜けないね~。毛根強いわ!」と褒められて(?)いた矢先だ。
ガバーっとは抜けないけど、髪の毛を手ぐしでといだら何十本単位で手に引っかかってくる。
どんだけ抜けるか気になり、何度も繰り返してしまう。
そのたび数十本単位で抜けるといった感じ。

(もしかしたら私は抜けないかも・・・)
そう昨日までチョッピリ思っていたけど、私も例外に漏れず抜ける人だった。
覚悟は出来ていたのであまりショックは受けていない。・・・と思う。

入院中にお友達になった乳がんの先輩に「ウイッグは病院で購入した」と聞いていたので早速私もお願いし、サンプルを取り寄せてもらう。
ショート、セミロング、色も2種類見せてもらえるよう頼んだ。
どんなのかちょっと楽しみ。

白血球急上昇!

7月29日(木)
白血球急上昇!

白血球4,000台まで上がる。

もう大丈夫とのことで大部屋へ移動する。
大部屋にはお馴染みの整形のKさん、乳がんのTさんがおられ歓迎してもらえた。

明日退院する

脱毛

7月30日(金)

昨日あたりから髪の毛が本格的に抜けだした。
手で引っ張るとごそっと抜ける。引っ張ると引っ張るだけとめどなく抜ける。
ゴミ箱は髪の毛で一杯に・・・まるでテレビの闘病ドラマのワンシーンのよう

夜、シャンプーをすると更に抜ける。
排水溝に「まっくろくろすけ」が現れた。

しばらくは抜け毛の処理が面倒だなぁ。



7月31日(土)

髪の毛の量は通常の半分以下になりスカスカ。でもまだハゲではない。
てっぺんのほうから抜けているように思う。
襟足はあまり抜けていない。



8月1日(日)

今日のお風呂でごそっと髪が抜け、私の頭は南の島の浜辺に転がっている「ヤシの実」みたいに・・・
バーコードどころではない。
何か、少し残った髪の毛がやたらみすぼらしさを醸し出している。

私の性格は白黒はっきりさせないと嫌なたちなので、この超中途半端な髪の毛の残り具合が許せない
カミソリで残った髪を剃ろうかと思って夫に相談すると
「頭皮を傷付けると怖いので自然にしておいた方がいい」
と反対されたのでやめた。


切ない入院

8月4日(水)
4回目の入院

明日からの治療のため入院。
4人部屋が満床のため個室になる。

家を出るとき次男が
「わたちもびょういんいく!」「わたちもちんどい!」「ちゅうしゃする!」
と一緒に行きたいと必死でアピールしていた。

我慢させてかわいそうな事をしているな・・・と切なくなってしまった

FEC2回目突入

8月5日(木)
EFC療法2回目

主治医のお話では、前回の副作用がきつかったので薬の量を少し加減することと、吐き気止めを変えてみるとのこと。

今回の副作用はどう出るか・・・ドキドキ。
投与後2~3時間後に強い吐き気がきた
夜中も一人でオエオエ・・・



8月6日(金)
FEC療法2回目・2日目

今朝起きると吐き気は少しマシになっていた。
1回目の時は身体も動かせなかった事を思うと随分楽。
点滴は吐き気止めから栄養剤に替わる。

助手さんに頼んで車いすで売店へ連れて行ってもらい、しろくまを買って半分食べた。 
それ以外はずっと横になっていた。



8月7日(土)
FEC療法2回目・3日目

吐き気は昨日と同じくらい。
まだ食事、水分を受け付けられないので点滴持続。
病院食もストップしてもらう。

夫が車いすを押してくれて売店に食べられそうなものを探しに連れて行ってくれ、ピノを買う。

気分が悪い

高校野球

8月8日(日)
FEC療法2回目・4日目

今日も水分受け付けず・・・お茶、ミネラルウォーターは考えただけで気分が悪くなる。
ジュース、カフェオレなら飲めるかと思い口にするが・・・やっぱり無理オエー

今日は我が母校が甲子園に出場するのでテレビ観戦。(第一試合)
お隣のベッド、整形のKさんの息子さんも卒業生で、当時も甲子園に出られたそうで2人してテレビの前で盛り上がった。
私たちの応援が球児に届いたのか、勝った!やったやん!
高校球児に元気をもらったような気がする

午後からは、夫と次男がお見舞いに来てくれたけど次男が私のベッドでお昼寝をしてしまった。
ベッドを占領されたけど、気持ち良さそうにスヤスヤ眠っている姿が可愛かったので、ま、いっか。

ジャンキー

8月9日(月)
EFC療法2回目・5日目

点滴がとれる。でもまだ口がマズイ。
血液検査問題なしだったので明日退院する。

売店でカレーを買って食べているとM先生が驚いていた。
なぜか、ヘビーな食べ物の方が食べたくなる。
明日、退院したらケンタッキーに寄り道したいと思っている。
フライドポテトも食べたい!

「つわり」の時もこんなだった。



8月10日(火)
退院しました

おじいちゃんが車で迎えに来てくれた。長男も荷物持ち係りで来てくれた。

まだ水分が思うように飲めないけど、家で好きなものを食べることができるのでうれしい。
夕食は、ご飯の上にちりめんじゃこを乗せて食べた。

ガンバレのアイスクリーム

8月11日(水)

今日は夫の母に家事をお任せして、横になって過ごす。

夜、宅急便で「たねや」のアイスクリームが家に届いた
我が家にとっては超高級品!何てったって1個の値段がハーゲンダッツ2個買えちゃう代物なのだから。
「口が腫れる」
とか言いながら誰も手を出せない。

送り主は、私の元職場で知り合った年下の女の子。NOBちゃん。
部署は違ったけど、いつの間にか仲良くなりよく飲みに行ったりもした。
この子は数年前に子宮体がんを患い、がんと闘う先輩。
私が乳がんになったことを告白すると、とても心配してくれて電話や手紙、さらには自分の戦友の付け毛やバンダナまで送ってきてくれた。

そして今回、抗がん剤経験者の彼女は私が食欲がないだろうとアイスクリームを送ってくれた。
前から周りにとても気を利かせる子だったけど、今回も何という気遣い。
本当にありがとう!


彼女ががんになった時、私は「がん」という病気に対して無知だったこともあり、こんな気の利いたフォローなどしてあげられなかった・・・
若い彼女が「がん」という大病を患ってしまった。そのとたん、彼女にどう接していいかわからなくなった。
あまりにも病名が重くて、怖かった。
何もしてあげられなかった自分が情けない

彼女を見習って私も少しは気遣いのデキる女性になりたい。
病気になって、周りの人の優しさをひしひしと感じている。
私って独りじゃないんだな・・・

NOBちゃん、ありがとう

眉毛までも

8月12日(木)

時折ダルーーーくなる。
前回感じなかった「立ちくらみ」がひどく、身体を起こす度クラクラーーーとなる。

それと、爪が黒ずんできた。まぁ、これはいいとして・・・

眉毛がポロポロ抜けてきた!これはマズイでしょ。
幸いにも私はアートメイクで眉毛とアイラインを描いてもらっていたので眉毛、まつ毛が無くなった場合でも、少しはマシかな・・・なんて思っている。

次男が私のハゲ頭を見て「かわいい」と言ってくれるが、慰め?
そうだとしたらすごい。
2歳児が女心を読んでいるのか?

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。