11
1
4
5
6
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年日記

11月2日(水)

次男を妊娠した時から日記をつけています。
マタニティーダイアリーから育児日記となり
いつの頃からか、子どものこと以外の出来事も書くようになりました。
・・・といっても毎日記録程度のものですが

私の愛用していた日記帳(たまひよ3年育児日記というもの)が10月で3年分埋まったので新しい日記帳を買いに行きました。
今度はどんな日記帳にしようかなぁ~1年間のもの、3年、5年・・・色々見ていました。
今まで使っていた3年日記のいいところは
昨年(その前の年も)の今頃に何があったかなどがよくわかること。
(あーこんなことしてたんやー)
と日記を読み返すこともしばしば・・・

最初うきうきしながら日記帳を選んでいたけど
そのうちにだんだんブルーになってきました

3年後、5年後私はどうなっているのかと考えてしまって怖くなってきたのです。

次に書き始める日記を最後まで埋めることができるのか?
埋めることが出来たとしても、元気でいられるのだろうか?

もう日記帳を買わずに帰ろうかと一瞬思いましたが
やっぱり日記は続けたい。 ←どないやねん!
・・・・結局使い慣れていることもあって、また同じものにしました。

敵(ガン細胞)は見えないので、ちょっとした出来事でたまに不安になります。
こんな時は「こんなことで弱気になったらアカン!今元気なんやから!」と自分に言い聞かせてます。

落ち葉もきれいだな。
スポンサーサイト

おけいはん

11月3日(祝)文化の日

今日私は本当のところ、梅小路公園の一木市へ行きたかったけど
電車好きの三男のために(恩着せがましい母・琵琶子
「京阪電鉄 大津線感謝祭2011」へと出掛けました。

場所は近江神宮駅(錦織車庫)

毎年文化の日にこのイベントがあるそうですが
三男が電車好きになるまで私は全然知りませんでした。(大津線で通勤していたこともあったのに・・・

イベントへ行こうと京阪電車に乗ると、車内はいつになく満員!
ほとんどの乗客は「近江神宮駅」下車。
ここで「このイベントはスゴイんだ!」と認識しました(笑)

もちろん子ども連れも沢山いたけど、同じくらい鉄道ファンも沢山。
子どもにカメラを向ける人、車両にカメラを向ける人。
どこもカメラパシャパシャ状態・・・
(・・・という私もカメラぶら下げてました(笑))

チビッコ達は
ミニ京阪電車に乗ったり、車掌さんの制服を着せてもらったり
トーマス号の運転席に座らせてもらったり・・・
本物だー!
運転席に興味津々な二人。
こんなチビにもアクセルやブレーキレバーの使い方を教えてくださいました。

花より団子状態・・・
名物「電車焼き」をほおばる二人。
あんことカスタードがありました。
普段はどこで買えるのかなぁ?
イベント限定??

お土産シール♪
帰りにアンケートに答えるとシールがもらえて
これに三男大喜び!

この頃の大津線は色々なラッピング電車が走っていて楽しいです♪
親子でもっと京阪電車が好きになった一日でした

考え方次第

11月10日(木)

今日は主治医に近況報告(診察)の日。
やっぱり2時間待ち~

Dr. 「どう?」
琵琶 「はい、元気です」
(話したいこともあるけど・・・神経質な患者だと思われるのが嫌だから言わない)

Dr.「触診しとこっかー」
珍しく触診があった。(気まぐれ?)

私の主治医は触診もだけど検査も少ない。
・・・てか、もしかして全摘患者に触診は不要なのか??

同じ病院の別のDr.は診察時は毎回触診があり
数か月毎に血液検査、半年毎に造影CT(腹部)、1年毎に骨シンチをして再発・転移がないかをチェックするそうだ。
乳がんと言えど、人それぞれなので比べること自体出来ないのかも知れないけど
私の場合、検査は半年毎の造影CT(腹部)のみだし
何か、手厚い感じがして羨ましい~
(もちろん、痛い注射や検査はすきじゃないけど、大丈夫かそうでないかの確認をしっかりしたいと思っている。)

でも、検査をすると被ばくのリスクがあったりするので
私が手厚く感じる検査も、人によっては受けたくないものらしい。
たとえば
骨シンチを受けたお友達は
「検査後の数時間ほどは子どもと接触しないほうがいいです」と言われたそう。
それって、放射能を自分が出してるってこと・・・?ヒャー
このお友達は
「琵琶子さんの先生は患者の身体を思って極力検査をしないというお考えなんやね!いい先生で羨ましい~
と話していた。

考え方次第なんや・・・と思った。
それとも医者と患者の相性ってやつかなぁー。

いろいろさ。

次回診察予定は年明けの1月。
その時、検査のこと、ちゃんと聞いてみよっと。

夫、出張へ。

11月14日(月)

先週から夫が2週間、東京へ出張のため不在です。
どーなることやら・・・と初めは不安だったけど、早や1週間。
でも、何とかなるもんですね~

『亭主元気で留守がいい』
までは言わないけど、実際・・・ちょっと気楽ですね(笑)
あ、でも、
今は何も問題なく過ごせているだけなのでそう思うだけで
夫の留守中に何かあったら本当に大変やし困ると思う(フォローフォロー


夫が留守になって改めて気が付いたことですが
夫に主婦業(しかも、面倒なこと)を結構押し付けていたような気が・・・

夫に任せていたこと
  *チビッコのお風呂+お風呂のカビとり
  *魚のえさやり+水槽の掃除
  *家計簿(どんぶり勘定の私に代わって家計は夫が管理してくれてます)
  *ベランダ家庭菜園のアブラムシ駆除
  *ゴミ出し
なんか・・・書いてて自分が恥ずかしくなってきた~


夫は2週間、久しぶりに独身気分(?)を味わってると思います。
うるさい妻と子どもたちから解放されて羽を伸ばしていることでしょう(もちろん昼間は仕事ですが・・・)
チビッコが産まれてから今まで自分の自由な時間が無かった夫。(私もだけど)

仕事が終わってから毎日プールに通ってるらしいです。
日曜日は秋葉原に遊びに行ったようです。
(私には全く価値の解らない電気部品を「買った!」と自慢していました)

あと5日間ありますが、帰って来るとき
「早く我が家に帰りたい」って思ってくれるのかなぁ~
東京はやっぱり都会ですか?
次男は「おとうさんはディズニーランドに行ってる」
と思い込んでいるようです。(東京だから?)

三男三歳(^^♪

11月20日(日)

夫が無事東京から帰ってきました。
出張で留守の間に三男坊はお誕生日を迎えて3歳になりました

お誕生日当日は夫が居なかったので
ケーキを作っても食べきれないし、どうしようかなー・・・と考えて
ちらし寿司ケーキを作ってプチバースデーパーティをしました。
家族の中で唯一甘いものがあまり好きではない三男、ちらし寿司ケーキは大ヒット


そして先日、もう一度家族揃ってお祝いをしました。

毎年恒例になったキャラケーキ
なんでお誕生日にキャラケーキを作り始めたかというと
次男(10月)三男(11月)の時期はイチゴが手に入りにくいからです。
このケーキを作る時も一応、スーパーにイチゴの値段をチェックしに行きましたが
1パック980円だったので買い(買え)ませんでした・・・

スリーピース
今年はアンパンマンにしました。
(三男、チョコレートは好きなので今年もチョコケーキ)


それから今日の外食先(不二家レストラン)でもお誕生日のサービスを受けて
合計3回もお誕生日を祝ってもらえた三男でした。
アナタ只者ではないわね!
↑ペコちゃんのマネをしている三男
ペコちゃんが気のせいかちょっと引いてる?(笑)


三男は最近反抗期なのか、とってもとってもやりづらいんです。
「だめ!」「ちがうの!」「やだ!」「しないの!」
とにかく全て否定します・・・

外で手を繋ぐことも嫌がるようになって困ってます。(アンタは思春期男子か!)
危ないので無理やり繋いでますが・・・
色んな意味でちょっと落ち着いて欲しいな~
じゃなきゃアラフォー母ちゃん、ついて行けへんよ!

保育参観

11月25日(金)

次男・三男の保育園で参観がありました

まずは、三男の2歳児クラス
先生がひとりずつお名前を呼んだらみんな「はいっ!」っと手をあげて元気にお返事していました。
三男もお返事できるのか・・・ちょっとドキドキしながら見ていました。
すると、ちゃんと「はいっ」と言えましたヨカッター

実は三男・・・内弁慶で家ではスゴイのに保育園では超大人しいらしいのです。
(先生は心配して下さってますが、家でやってるような同じことを保育園でされたら困るので、まぁいいか・・・と思ってます)

絵本を読んでもらったり、お歌とダンスを披露してくれました


そして、次男の3歳児クラス
教室へ入ってまず目に入ったのは・・・
椅子が輪になって並んでいて、みんなそれぞれ自分の椅子に座っているクラスのお友達。
その椅子の輪の真ん中でゴロゴロと寝転がっている次男の姿でした
他の保護者の目もあるので超小声で注意。
「ちょっとー、ちゃんとしなさいよ・・・」
しばらくして先生が次男を隅っこに引っ張って下さり目立たなくなりました・・・
トホホ・・・

でも、後ほどサプライズが!

「今日、お帰りのお当番をしたい人~?」と先生。
「はいっ!!」と元気よく手を挙げたのはなんと次男。
「では今日は○○君(次男)にお当番をしてもらいます。実は、○○くんは牛乳が苦手でいつもは残してしまいます。ですが今日は、お母さんが見に来てくれるからお当番がしたい!と言って、頑張って牛乳を全部飲みました!」
と、先生がみんなの前で次男を褒めて下さったのです。
保護者の方からも拍手をもらって、とてもうれしそうな表情をした次男の姿を見ることができました。
お当番もしっかり出来て感動しました


日頃出来ないことが多い次男に、参観日の今日、先生はわざと次男にお当番を任せ、牛乳が飲めるように仕向けて下さったんだと思います。
次男に「ぼくもできる!」という自信を付けて下さったのです。
本当に有難かったです。

先生、本当にありがとうございました。

いいコトあったね!

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。