01
1
2
3
4
6
7
8
9
11
12
13
16
17
18
19
21
23
24
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の始まりっ!

2012年1月5日(木)

我が家は今日から平常営業(?)です。

夫 → 嫌々ながらも出勤
長男 → 冬眠中
次男&三男 → 元気に保育園


今年は喪中のため、大晦日に年越しそば、元日にお雑煮を食べたくらいです。
あと、冬休みイベントとして
昨日、プラレール博へ行ってきたので私はちょっとお疲れモードです

プラレール博の会場の大阪南港ATCまでは家から電車を乗り継ぎ2時間ほど。
家を出る前、チビッコ達に「静かにすること」「ちゃんと歩くこと」を約束。
行きはチビッコ達は約束を守ってくれて、おりこうさんにしていました。

しかーし、会場でめいっぱい遊んだチビッコ達は、帰りの電車に揺られたとたん寝てしまうんですよね・・・
まぁ、だいたい予想はしているのですが、コレ結構キツイです
荷物も多い上に子どもまで担ぐ。
それでも根性で梅田のデパ地下に立ち寄りましたよ!

何とか地元の駅に到着してホッとしたのですが・・・うわー!雪積もってる?
駅に車を停めて行ったのですが、我が家の車はノーマルタイヤ。
道が凍結してないかとヒヤヒヤしました。

こんな感じで今年も始まりました。


こんな一年にしたいな♪
ブログがなかなかアップ出来ませんが、これからも細々と続けて行きたいと思っていますので
今年もどうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

次男のこと。

1月10日(火)

車を運転しながらFMラジオを聴いてると
「今年も10日経ちました!」って。
・・・・・・・・・・・
「ホンマや~、早ぇ~」っとビックリした琵琶子です。


最近の私は、ありがたい事に自分の病気を忘れられる時間が多くなったように思います。
そりゃ、毎日お風呂に入るので、裸になったら片乳が無いので嫌でも思い出しますが・・・
でも、そんなことは本当~~~に何でもなく、「片乳」が普通になりました。
ちょっとした不都合と、たまに不安になることを除けば、以前と変わりなく過ごしています。


今日はその、『不安になること』のひとつについて書きます。


次男(現在4歳)は1歳頃からよく泣き、癇癪持ちで、とっても育てにくい子でした。
次男が産まれた時は、二人目ということで子育てには特に不安もありませんでしたし、余裕とさえ思っていました。
高齢出産、13年ぶりの赤ちゃん

生まれたら「孫」のようにかわいいのかも。
長男の時と違って大らかに子育てしよう。

・・・・そう思ってました。
そして無事次男が産まれ、その数か月後に三男妊娠。←もう一人欲しいとは思っていたけど、こんな早く来てくれたのかとビックリ
周りの人はみんな「大変やなー」って言ってくれてましたけど、まだそんなに大変ではありませんでした。

次男が1歳のお誕生日を迎えてすぐ、三男が誕生!
その頃からか・・・次男に手がかかるようになってきました。
「これって、赤ちゃん返りっちゅうやつかな♪」
その時はまだ呑気にそう思っていましたが、どんどん次男の育てにくさはエスカレートしていきました。

色んな経験をさせたくて、子育てサークルやリトミック、子供向けイベントなどがある度に次男・三男を連れて出掛けました。
でも、必ず次男が嫌がって泣きわめいて大変なことになっていました。
途中で断念し帰ったこともしばしば・・・

ちょっと息抜きに・・・と託児に預けてみても、ひどく泣き続けてお金を払ったのに途中で迎えに行く羽目になったこともありました。

家でも1日中泣いてて・・・しかも泣き方が尋常ではなくて、
「虐待でもしてるんちゃうか」
と、ご近所さんに思われてるんじゃないか、いつか通報されるんじゃないかと思って毎日を過ごしていました。

今振り返ってみても、次男2~3歳の時は毎日が地獄のようでした。

私が乳がんで入院することになった時、もちろん病気のショックもありましたが
「これで少し子どもと離れられる・・・」と心の片隅で考えていました。

もー・・・何で???

ずっとそう思っていましたが
この前やっとその訳がわかりました。

次男は広汎性発達障害という脳の機能障害があったからだったんです。
「あー、そうやったんや。」
おかしいですが、ホッとした気持ちでした。

でも、よーく考えたらホッとなんて出来ないことに気が付きました。
これから、養育や支援が必要な次男。
それなのに、もし私の病気が再発したら・・・一体次男の事は誰に任せればいいの?
夫は「何とかなるよ~」と楽観的だし、
おじいちゃん、おばあちゃんに発達障害をはたして理解してもらえるのか・・・
(記憶力のいい次男を『かしこい』と思っているのででも・・・記憶力がいいのは発達障害の特性なんです)

パッと見は、普通の子と何も変わりありません。
でも、それゆえに周囲には障がいが分かりづらく、将来次男が誤解を受けたり辛い思いをするのでは?・・・と思っています。
次男の人生を楽しく豊かにするためにも、これから次男に色々な事をゆっくりと教えていく必要があるのです。
神様は私にその時間を与えてくださるのか・・・
うんにゃっ!!
そんなネガティブな気持ちではアカンね。アカンアカン・・・

次男が立派な大人になるまで絶対病気に負けない、負けられない!
次男のおかげで私は生きる力をもらった!


生まれてきてくれてありがとう、次男。

ぷち雪だるまさん、とけないで!
胸の内を文章にしていると、次第に心の整理が出来たようでスッキリしました。
今年も育児頑張るでー

USJ行ってきました!

1月14日(土)

いつも突然「~しよう!」「~行こう!」と言い出す夫が、
今回も突然『USJ行こう!』と言い出したので(笑)・・・行ってきました。
こんな時、出不精な私はいつも渋々なんですが、行ってみたら結構楽しかったりします
今回も行く前は「寒いし」「チビッコ向けアトラクション少ないし(しかもスヌーピーは3月までお休み)」「チケット高いし」等・・・行きたくない理由ばっかり頭に浮かんでました。

ゴーゴー!

が、
行ってみたらやっぱり今回も楽しかった! ←どないやねん!
一応、お天気にも恵まれて、寒いけど・・・まぁそれほどでもなく(慣れてるから?)、三男も寒空の中でもベビーカーでグースカお昼寝したりもしていました。(もちろん防寒はスキー場並みにしてですが)

つい買っちゃいます・・・


ただTDLと違って、ちょっと辛口(?)アトラクションが多いので、我が家のチビッコ達は怖がって入れなかったり、身長が足りなかったりでまだ存分に楽しむのは無理でした。
それでもチビッコなりにいい思い出になったと思います

路地も楽しい

年間パス購入したので我が家と一緒に行ってくれる人お待ちしてまーす

こどももちつき大会

1月15日(日)

すっかり忘れていた「こどもおもちつき大会」

「買い物でも行きましょう~♪」と、たまたま会場の前を通りかかると
「い~、よいしょ~っ!」
と、威勢のいいおもちつきの光景が目に入りました。
「そういや今日やったー!!間に合うかー?」急いで目的地変更!
何とかギリギリセーフでおもちつきの列に並ばせていただけました

おもちつきは毎年楽しみにしている地域の行事のひとつです。 ←それなのに忘れていた
おもちつきって今どき見かけなくなったので、このような催しをしてくださるのは本当にありがたいです。

昨年まではおもちつきの見学をして、つきたてのおもちをごちそうになるだけでしたが
今年はチビッコ達も初めておもちつきを体験させてもらいました。(重いのでもちろん夫と一緒に)

アツアツに蒸されたもち米を、子ども達が交代で「よいしょ、よいしょ」とつきます。
その後、子ども達でついたおもちを地域のお母さん方が「あちち・・」と言いながら丸めて下さいます。

きなこ・砂糖しょうゆ・大根おろし・おぜんざい
好きなトッピング(?)でいただきます!

つきたてのおもちってこんなに美味しいんや~ し・あ・わ・せ
食いしん坊三男はおかわりまでしたにも関わらず、もっと食べたそうにしてました・・・
結構難しいぞ・・・
今日も楽しいこと、あったね。

明るく前向きに♪

1月20日(金)

先日、次男の発達障害について書きました。

今日、いつものように病院にいったところ、
私と同じくトリプルネガティブ乳がんということがご縁で知り合えた方が温かいお言葉を掛けて下さいました。
「ブログ、見てるよ。次男クンのことも・・・」
今日はそれ以上お話し出来る時間がなかったので残念でしたが、私はその方の一言でとっても元気が出ました
ご自身治療中でありながら、心配をして下さって本当にありがとうございます


これからブログで発達障害についても書いていきたいと思っています。
乳がんのことと同じく「明るく・前向きに」をモットーにしていきたいです

発達障害って何?
発達障害の子ってどんな子?


私もまだ勉強不足で良くわかりません・・・
でも、ウチの子みたいな子がそうなんですね。
普通の子(定型発達の子)と比べると育てにくさはあると思います。
他にも色々「比べる」と結構凹みます。悩みます。

毎日ドタバタとチビッコ達の世話に追われて正直疲れます・・・
でも、その中でのちょっとした出来事の中に「感動」や「笑い」があったりします。
そんなことをブログにしていきたいなぁ。

ネコちゃんがこっちを見てました

コストコ

1月22日(日)

先日、普段から好くして下さるご近所ママさん宅におよばれした時、ママさんが
「コストコ行ってきたよーん」と教えてくれました。

京都にコストコがオープンしたのは知ってたけど、ウチはあんまり関係ないというか興味ないというか・・・
そんな感じでした。
でも、ママさんが「見て~」「楽しいよ~」と目をキラキラさせてコストコのパンフとか買ったものを見せてくれているうち、私も興味が湧いてきました(笑)

そのことを夫に話すと「んじゃ、行ってみよう!」←あ、やっぱり期待通りの反応(笑)
ということになり早速出掛けることになりました

我が家からは車で1時間ほど。
目的地付近で「コストコどこや・・・あったー!」無事に建物を見つけましたが早速コストコ渋滞・・・
やっと駐車場に停めることができて、さー行くでーと思ったら次は会員手続きでまた並び・・・
結構時間がかかってしまいました

気を取り直して店内へ。
広ーい倉庫に山積みの商品、巨大カートでお買い物をする人たち・・・
それだけでテンションが上がります。
「こんなん売ってる~!」「ちょっと見て~!」「ぎょうさん入ってる~!」
気を付けないとアレもコレも・・・とカートに掘り込んでしまいます

コレにする~♪
チビッコ達も一袋のお菓子の量の多さに大喜び


たっぷり~
イチゴも1パックデカいです。


アンタら似てませんか?
おもちゃもありましたー。
↑お腹を押すとお口が開いて声が出ます。
次男がツボにハマり欲しがりましたが、三男が異常に怖がったため購入しませんでした(笑)

我が家は財政難のため、最後に購入商品の見直しをしてレジへと向かいましたがそれでも結構な額となりました
『お買いもの』というよりもある意味『レジャー』やな・・・といった感想です。
何度か行ったら上手にお買いものが出来るようになるのかも知れませんねー。

お顔が描けた!

1月25日(水)

次男は不器用です
特に、筆圧が弱く上手に絵が描けません。
この不器用さも発達障害の特性らしいのですが・・・

以前、保育園からも
「絵が描けません」
「工作が出来ません」

と言われたことがあります。

入園すぐの工作は「こいのぼり」でした。
クラスの子ども達の作品が教室に展示されたのですが
うちの次男のこいのぼりだけ眼は白目で胴体も貧相で「あれ?」と思いました。
(この時はまだ発達障害だということは分かっていませんでした)
その後、おりがみが折れないという事にも気が付きました。
お友達が折り紙を折っている姿を見て
「これくらいの年だともうこれぐらいのことが出来るのかぁ~」
「長男の4歳くらいの時ってどんなんやったっけ~」(昔すぎて・・・
と、初めて焦りを感じました。
あ、それからハサミも苦手です。

それから、
発達検査(3歳10か月)の時にも
「おかあさんの顔を書いてみて。」
と言われても描くことが出来なかったと聞いてもっと心配になりました。

保育園のクラスのみんなのように上手く出来ないという事が次男もわかるのか
工作をすることを嫌がる時期がありました。
保育園の担任の先生も、きっと「どうしたものか」と悩んでおられたと思います。
以前に自画像を展示された時は、絶対に次男には描けないだろう上手な絵でした。
先生が見かねて次男のためにと手伝って下さったのでしょう・・・
でも・・・
私は『白目こいのぼり』よりも何だか悲しかったのです。

そんな状況でしたが
今日、珍しく次男がマグネットボードを持ち出してきたので
「お母さんの顔、描いてほしいな~
とお願いしてみると、いつもと違って何だかヤル気になってくれました。
チャ~ンス!!
ペンの正しい持ち方を確認してから
「最初は大きな丸をかくねんで」
「次は目。ふたつやな」
「最後はおくち」

「できたぁ
おかあさん

すごい!
初めて自分一人で描けました。
次男は「おめめ、ちょっとおこってるなぁー」と言ってました。
「ホンマやな。お母さん、いつも怒ってるしかな・・・(笑)」

プロフィール

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。