02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ入院

6月22日(火)
入院の日。

昨日の夜に義母がヘルプに駆けつけて下さった。
入院中、家のことをお任せする。
義母には三男の産前産後もお世話になっている

出発までは、いつもと変わりなく長男、夫のお弁当を作り、洗濯を干し・・・
10時半ごろにチビ達に気付かれないよう隙を見てソーッと家を出る。

病室に案内され、身長、体重を測り、病棟内をひとまわり案内してもらう。
私の病室は4人部屋の通路側。

同室の皆さんに挨拶をした。
カーテンで仕切られているけど、隣の患者さんが
「イタイーーー・・・イタイーーーー・・・」
とすごく苦しそうなうめき声をずっとあげておられ
(明日は我が身??)
と思うとものすごく怖かった。

そんなのお構いなしに向かい側のベッドのおばあちゃんは挨拶もそこそこに
自分の病気やら昔の話までいきなり爆裂トーク。
荷物の整理も出来ず、しばらく「はぁ、はぁ、そ-ですか」と聞き役に徹しなければならなかった。

何だか落ち着けそうにないなぁ

午後からは麻酔科の診察や、手術室の看護師さんから手術の説明などがあった。

そして夜、夫も同席してもらい主治医の先生から手術の説明を聞く。
面接室に呼ばれ先生を待っていると、夫が先生のデスクのパソコン画面を「ほらほら、あれ!」と指差した。
覗いてみると「琵琶子」のカルテ画面。
大したことが書いてあるページではなかったけど、
「本人の様子」というような欄があり・・・
「冷静」
と記されていた

何だか夫と笑ってしまった。
まぁ、確かにうろたえるわけでもなく、泣くわけでもなく・・・だけど。
「冷静」かぁ。

それから術式は
「右乳房温存術」
と記載されていた。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。