04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術の日

6月23日(水)
手術当日。

昨夜は眠剤をもらったけど夜中何度も目が覚めた

1時間ほど前に和式の寝巻に着替えてスタンバイ。
本当は寝巻の下はスッポンポンらしいけど、私は生理中のためパンツを履かせてもらえることに。
長時間用の超~ロングのナプキンを装着。

30分前に基礎麻酔の筋肉注射をする。
手術の痛みよりも筋肉注射の方が痛いと聞いていたのでどんなのかと思っていたけど、ま、注射かな(笑)
薬が入る時にズーンと重痛い。

点滴のルートも取って準備完了。

夫と夫の両親が駆けつけて来てくれた。

8時50分ごろ、ベッドのまま部屋を出て手術室へ向かう。
手術室の入り口前のフロアーにはこれから手術を受ける人が沢山待っていた。
ベッドが何台もスタンバっていて自分の名前が呼ばれるのを待つ。

いよいよ私の名前が呼ばれ、ここで夫たちとお別れ。
・・・
この直後からの記憶があまりない
まだ麻酔してないのに・・・
さっきの筋肉注射がよく効いたのだ

昨日、手術室に入ってからのことも説明を受けていたのに私は実行できていたのか?
ベッドにも自分で移ってもらいますって言われてたけど・・・???
爆睡してたかも
唯一、帽子を被ったことだけ何となく思い出した。

目が覚めた時には「回復室」だった。

足に血栓予防のためのマッサージ器が付いててブオーンブオーンと動いているのに気がついた。
朦朧としたなか「足がかゆい!!」と文句を言ったような気がする。

その場に夫が居たような・・・まだ、よくわからなかった。

身体には心電図のコード、酸素チューブ、点滴、導尿の管、ドレーン、足のマッサージ器・・・沢山ついていた。
傷は痛くなかったけど、これらが不快だった。

それから痰がとめどなく出るのもイヤだった。
痰の色を見ると真っ赤でビックリ!
鼻からも出血があった。
ごみ箱がティッシュで山盛りになった。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。