04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここから始まる「人間ドッグ」

2010年5月14日(金)
夫の勧めで人生初の人間ドッグをうけることに。

ここしばらくは健診というものは妊婦健診くらいしかうけていなかった。
今年40歳やし、ま、受けてみようかなという軽い気持ちだった。

1週間前、夫が一足先にドッグを受けた。
夫は毎年ドッグをうけている。
健診結果は特に悪いところは無さそう

で、今日は私の番。
夫に子ども達を任せて自転車で病院へ向かう。

ドッグの受付を終えると検査着に着替え、流れ作業のように色んな検査を受けていく。
そして、乳房の視触診。
(マンモグラフィーはオプションで別料金だったので、市民検診で安く受けようと
申し込んでいなかった)

実はドッグの数日前に、ふと「自分でも乳房チェックしておこう」と思って自己流で触ってみた。
すると・・・
右側のおっぱいの右上に米粒くらいの小さく硬いものがあるように感じた。
「ついこの間まで授乳していたし乳腺かな」
と思ったけど、何となーく気になっていた。

なので、触診の前にこのことを先生に伝えた。
先生「ん?じゃ、正常な左から診ましょうね」・・「はい、左オッケーです。」
そして右。
先生「う~~~ん。僕には触れないなぁどこら辺かな?」
私「えーっと、確かこのあたりなんですが」
と、先生と私はしばらく右のおっぱいのしこり探しをした。
自分でも分からなくなってきた頃
先生「あ!これ?これかな?うん、これだね!」
   「でも、違うと思うけどなぁ。でも、気になるだろうから外科で診てもらう?」

ドッグが終わってから外科の診察を受けることになった。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。