08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話せる場所

9月25日(火)

今日は、
【がん相談支援センター】と【がん患者サロン】のことを書かせてください


私が乳がんの手術を受けた病院はがん診療連携拠点病院だったので、院内にがん相談支援センターがありました。
入院中、病棟の看護師さんに『がん相談支援センター』ってのがあることを教えてもらって連れて行ってもらいました。

私がその時に相談したことは、子どものことでした。
(当時、長男高1、次男2歳、三男1歳。思ったより長い治療になりそうだったのでチビッコの預け先に困っていた)

その後も、
抗がん剤に対する不安を聞いてもらったり、
ウイッグ(かつら)のことを教えてもらったり。
あと、本を借りて入院中ベッドで読んだりもしていました。
(がん関連の本。まんがもありました

病気についての相談はもちろんのこと
もろもろの不安・悩みなどをがん専門(認定)看護師さんやソーシャルワーカーさんが相談に乗って下さいます。

こんなに気軽に利用できるのに、皆さん結構ご存じないような気がして・・・
もったいない!!といつも感じています。

知ってるけど・・・
「どんなトコ?」「行きにくい」って思っていらしゃる方も多いと思います。


そして
がん患者サロン。
こちらもがん診療連携拠点病院にあります。
私の住む県内では7か所です。
がん患者サロンで私はピア・サポーター(世話人)として微力ながらお手伝いしています。
ピア・サポーターはみな、がん患者本人、又はがん患者の家族です。
もちろん、がんの部位も症状も様々なピア・サポーターさんがいらっしゃいます。
医師や看護師などのような医学的知識はありませんので相談支援センターとはまたちょっと違うのですが、
がん経験者としてピア(仲間)という立場で参加者の皆さんとお話しをしていきます。

家族や友人には話せない本音、愚痴、悩み、不安
他のがん患者さんはこんな時どうしているの?
などなど・・・
時には参加者みんなで涙を流すこともあれば、大笑いすることもあります。
同じ立場だから共感できるんだと思います。
なので、ピア・サポーターも実はサロンで皆さんとお話をさせていただくことで元気をいただいています。

神妙な表情でサロンに来られた方が、帰りはちょっと明るい表情に変わっておられたり、
「また、来ました」と2回目、3回目と足を運んでいただけるのも本当にうれしくなります

今の時代、わざわざサロンなんかに行かなくったって知りたいことはネットでいくらでも・・・って思われるかもしれませんが
ネットも気軽に情報収集できるけど、ネットではヒットしないことや、わからないことも沢山ありますし、
誰かに話を聞いてもらえると、心が軽くなるんです。
(仮にその時問題や悩みが解決しなくても、です)


興味を持たれたら、ぜひ一度お出かけ下さい

がん患者サロン一覧 滋賀県

穏やかな琵琶湖
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。