05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり細胞診

5月20日(金)
今日は私の姉さんであるマメやっこさんが美味しいタケノコを山盛り買ってバイクではるばる遊びに来てくれた
午後3時に外科外来の予約なのでそれまで喋りまくる。
気が紛れてとってもありがたかった。

病院ではエコー。
やっぱり黒いものが写った
先生「石灰化の辺りに何かあるね・・・見つけてしまった以上はコレが何か検査しないといけません」
ということでいきなり細胞診をすることに!

(えーっ!エコーだけって思って来たから心の準備がぁぁ~

そう思いながらも短時間の間にやるしかないと諦め覚悟を決めた。 ← 大げさだけど

検査は病理部のスタッフも立ち会いエコーの画像を見ながら先生がしこりに針を刺す。(麻酔はなし)
どうもしこりが固くてなかなか針が刺さらなかったようだった。
充分に組織が採取できていなかった場合は再検査、若しくは生検をすると説明を受けた。

検査の後、針を刺した所(おっぱいの奥)が痛かったので痛み止めをもらった。
夜は腕を動かすと「イテテテ・・」といった感じ。
もし、乳がんで手術をしたらどんだけ痛いの~???
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。