04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本借りました

がん相談支援センターで本を貸し出してもらえた。

私の借りた本

*がけっぷちナース がんとともに生きる
 山内 梨香

*乳がん治療日記 まんがおっぱいがたいへん!!
 さかい ひろこ

がん相談支援センター

7月3日(土)

病院内に「がん相談支援センター」がある。

今日は抗がん剤についての不安等を聞いてもらう。
専属の看護師さんはとても明るく、私も話を聞いているうちに不安も和らぎ明るい気持ちになった。

乳がんに使う抗がん剤ではほとんどの人が脱毛するそうだ。
脱毛した時はボランティアさんがタオルで作ってくれた帽子もあるよ!と見せてもらったり、
ウイッグやつけ毛の活用法なども教えてもらった。

二男のおしゃべり

7月4日(日)

家族がお見舞いにきてくれた。

二男がほんの少し会わなかった間に、しっかりお話(発音)出来るようになっていた

私のことを「かーしゃん」と言っていたのに
おかあさん
としっかり発音している!

おとうさんのことも「おーしゃん」っだったのが
おとうさん
に!

ちょっと離れて過ごすと子どもの成長がとっても新鮮。

歯医者さんへ行く

7月5日(月)

外出許可をもらい、かかりつけの歯医者さんへ。

抗がん剤治療の前に、歯のクリーニングをしてもらった。
治療中、口内を清潔にして口内炎を予防する。

久しぶりに外の世界(笑)に出たら、やっぱり
病み上がりだなぁ・・・と実感した。
歩くと胸の傷が痛むので、ずっと左手で胸を押さえてゆっくり歩いた。


行き場の無くなったリンパ液がわき腹に溜まってきたので、夜、先生に注射でリンパ液を抜いてもらった。
麻酔なしで、ぶっといシリンジだったけど全く痛みなし
神経がアホになっているおかげ。
50ccあった。

ショートカット

7月6日(火)

今日も外出許可をもらって髪をカットしに行く。

髪をロングにしたくて今まで伸ばしてきたけど・・・
思い切ってショートカットにした。

病院へ戻ると看護師さんやお知り合いになった入院患者さんたちが
「かわいい」 「似合う
と声をかけてくれた。

ちょっと照れ臭かった。


実は、
カットを済ませてからケンタッキーに立ち寄り、チキンとポテトを食べた。
病院食が美味しくないわけでもないけどヘルシーな感じで・・・
ガッツリ感を味わいたかった。

はぁー、満足。

薬物アレルギー

7月8日(木)
いよいよ抗がん剤が始まる。

昨日、先生から説明があり
TC療法×4クールの後、薬を変えてさらに4クール合計8回・・・
本来、TCは後でするそうだけど吐き気を怖がる私に先生が「TCの方が一般的に吐き気の副作用がマシ」らしく配慮して下さって順番が逆になった。



朝一でシャワーを済ませ、ドキドキしながら待つ。

薬剤師さんが説明に来てくれた。

① グラニセトロン注、デカドロン注 (吐き気、過敏症を抑える)
      ↓
② タキソテール注(ドセタキセル)
      ↓
③ 生食注  (薬を洗い流す)
      ↓
④ エンドキサン注(シクロホスファミド)
      ↓
⑤ 生食注  (薬を洗い流す)


11時前に点滴開始。


今日担当でない看護師さんが抗がん剤を怖がっていた私を気遣って様子を見に来てくれた。
同じ病室の患者さんも一緒に話をしたり「初・化学療法記念」と、写真撮影をして緊張をほぐしてくれる。
そうしているうちに②本目の点滴(タキソテール)が始まった。
それから2~3分後だったと思う。
お喋りしていると急に胸が締め付けられ、息が出来なくなった。
「なんかおかしい」
「苦しい、苦しい」
そういうのが精一杯。
耳も聞こえづらくなり目の前も白くなってきた。

私の異変に驚いた看護師さんはすぐ点滴を止め、ナースコールで看護師に連絡。

息が出来ず、溺れたかのように苦しい。
酸素マスクをして、深呼吸の指示があるが息がうまく吸えない。
「このまま死ぬかも・・・」
本当にそう思った。

しばらくして何とか呼吸出来るようになり、気が付けば私の周りには医師や看護師が沢山で心電図、レントゲン、採血等バタバタと処置や検査が行われた。
自分に何が起こったのか・・・???
怖くて涙が出た。

どうも、タキソテールでアレルギーを起こしたようだった。
今日の点滴治療は中止となった。
初化学療法☆記念写真
↑この直後にハプニング

お仲間の退院

7月9日(金)
昨日は点滴のトラブルの後ずっとフラフラしていたけど、今日は元気に!
・・・と思ったけど午後から寒気がし、微熱があり横になって過ごす。

お花もらいました(*^_^*)


今日、同室で同じ乳がんのHさんが退院された。
Hさんは明るく、気さくで病室のムードメーカー的存在だったので寂しい・・・

トレパンまん次男

7月10日(土)その2

今日から、次男が遅いながらもトレーニングパンツに挑戦していると聞き驚いた

春に、ご近所のママ友さんからトレパンのお下がりを沢山いただいて、もういい加減トレーニング開始しないとマズイかなぁ~と呑気にしていたら・・・
乳がん発覚。
といった訳で、今まで次男はおむつだった。

夫の母は、何にでもチャレンジする積極的な方で、きっと2歳後半の次男が未だにおむつマンなので見かねてトレパンを初めて下さったのだろう。

今日は3枚濡らしたそうだ。(そして1回うんちおもらしも・・・)

明日からの洗濯が少し負担に感じるダメ母、琵琶子です

次男よ、ガンバレ

退院

7月10日(土)
何とか退院する。

19日ぶりの我が家
家に戻ったら自分の家なのに、何だかよその家に来たみたいに感じた。
匂いや部屋の雰囲気・・・知ってるけど何かが違うような、変わってないけど変わってるような・・・へんな感じ。

私が死んで居なくなったらどんどん変わっていくんだろうなぁ、と考えてしまった。

ま、でも私はまだ生きている!
子どもたちも私が帰ってきて嬉しそうにしてくれているし。

入院中、家族に迷惑をかけましたがひとまず退院できました。
夫のご両親をはじめ、私の両親、夫、長男、次男、三男本当にありがとう。

これからもまだしばらく入退院の繰り返しで迷惑を掛けますが、頑張って治療し元気になるのでよろしくお願いします。

ハプニング

7月11日(日)

午前中、選挙へ。
三男を連れて行ったので、帰りに風船をもらった。
夫がもらったその場で膨らまし始めたが、途中で口から風船が口から抜けてブブーっと宙を舞い選挙の役員さんを直撃。
静かな会場が「うわー」という驚いた職員さんと私たちの叫び声が。
夫と私「すみません、すみません
職員さん「いえいえ・・・(苦笑)」

あー恥ずかしかった。
夫は結構こーゆーこと多いのでお出掛け時は要注意です!

でも、その後
私のバースデーケーキを買ってくれた。
(でも去年は忘れていた)←根に持っている私・・・

家事再開

7月12日(月)
家事全般を再開する。

ゆっくりすれば何とかなった。
でも、洗濯物を干すときはちょっと脇がひきつれイタタ・・・といった感じ。
それから、大根おろしも出来そうになかったので諦めた。

入院中、リンパ浮腫の説明を聞いて結構制約があるけど(洗い物は布の手袋をした上にゴム手袋をはめ、傷や手荒れ予防など)うーん、イチイチ面倒だ・・・
リンパ浮腫の怖さをまだ知らんからこういった気持ちなんだろうけど。
食洗機ほしいなぁ。

でも、治療費がこれからも沢山必要で、そんな贅沢言ったら罰当たりかも。

でもでも、食洗機も欲しいけど精米機も欲しいと思う欲深い女、琵琶子でした

チビ達の気持ち

7月13日(月)
昨日から雨が降り続いている

退院してから恥ずかしがって私から少し距離を置いていた三男が、
「甘えてもいいのかな・・・」
と私の顔を覗き込む。
「にこっ」と笑ってあげると嬉しそうに膝に飛び乗ってきた。

次男は
「ねつ、ない?」
とおでこに手を当て気遣ってくれる。

まだまだ小さいのに他人を思いやる心があるんやなぁ。と感心してしまった。

明日はEFC

7月14日(水)
化学療法のため入院する。
チビ達に内緒でコッソリ家を出た。

今回はちょっとブルーな気持ち。
明日の治療の不安を無くすために先生に色々とお願いを聞いてもらった。
(副作用対策のことなど)
ネットで仕入れた情報を先生にみてもらって相談もした。
先生は「お、何を勉強してきた?」と嫌な顔せずに対応して下さった。

このことで随分気持ちが楽になったように思う

FEC療法1回目

7月15日(木)
FEC療法1回目。

11時45分頃から点滴開始。
点滴中、昼食を軽くとる。

今日は夫が仕事を休んで付いていてくれ、前回同室だったHさんも様子を見に来てくれて心強かった。
アレルギー反応もなく、2時30分終了。


☆FEC療法 治療スケジュール☆

①カイトリル注(グランセトロン)
 デカドロン注   (ムカつき、吐き気及び過敏症を抑える)
   ↓
②生食注(薬を洗い流す)
   ↓
③ファルモルビシン注(エピルビシン)
   ↓
④エンドキサン注(シクロフォスファミド)
   ↓
⑤5-FU(フルオロウラシル)
   ↓
⑥生食注(薬を洗い流す)


夕方からすごい吐き気が襲ってきた。
この日の夜は地獄だった。
友達のYちゃんがお見舞いに来てくれたけど、私の様子を見て驚いたのかすぐ帰ってしまった。
びっくりさせてしまってごめんね、Yちゃん

劇薬FEC

7月16日(金)・17日(土)
このころのことは状況を思い出して書いています。

吐き気止めをマックスに使ってもらい、トイレ以外はベッドに横になっていた。
めまいがする。
水も飲めない。

しんどいよー

7月18日(日)

とてもしんどいけど昨日より少しマシかなぁ。
まだ、水分を受け付けず・・・点滴が頼り。
夫が持ってきてくれた巻きずしを1個食べることができた。



7月19日(月)
昼過ぎごろから吐き気がマシになってきたので看護師さんにシャンプーしてもらった。
すっきり!

夕方、点滴している腕が腫れてきたので抜いてもらった。
夕食はうどんを少し食べられた。

三兄弟が揃ってお見舞いに来てくれたので元気が出た。

考え方

7月20日(火)

まだムカムカするけど、やっと薬が抜けてきた感じ
水分も食事も少しずつ口に入るようになってきた。

脇のリンパ液を抜いてもらい(今回2回目)、明日退院することに決定。

同室で仲良くなった患者Kさんに
「抗がん剤、あと5回もある
と愚痴ったら、
「もう1回終わったと思い
と言われ・・・そうか。そう考えなアカンにゃ。と気分が明るくなれた

☆今日食べられたもの☆
ポタージュスープ、サンドイッチ、うどん

家に帰る

7月21日(水)
退院する。

長男が荷物持ちに来てくれた。

家に帰って三男と再会すると、また恥ずかしがって近づいて来ない。

金曜日まで夫の母にお世話になる。

☆食べれたもの☆
うめぼしおにぎり、アイスもなか



7月22日(木)

1日中身体がだるく微熱があり下痢も。
三男が私の胸の傷を見て

「びょういんした?」
と聞いた。

白血球

7月23日(金)
外科外来の日。

骨髄抑制のため白血球が1,900まで下がっているということでグランを注射。
また月曜日外来に来るように指示がでた。


まだ、体調がイマイチなのに夫の母が今日帰らなければならないので、私の実家に三男を預ける。
次男は、三男が留守になり寂しいかと思いきや、結構のんびり落ち着いて静かなひとときを満喫しているようだった。

自宅療養

7月24日(土)
今日は結構体調が良い。

買い物へ行き、チビ達の髪が伸びていて気になっていたのでカット。
三男が嫌がって大泣き。

夕食は、夫がハンバーグを作ってくれた。(私のリクエスト)




7月25日(日)

昨日、調子が良かったので動きすぎたのか・・・今日は体調が悪い。
午後からダルさは取れるが、下痢3回。

三男が私の実家にホームステイに行って居ないので、次男は穏やかに過ごす。
でも、時々つまらなそう。
おやつのゼリーを「○○ちゃん(三男)にあげる」といい2個残す。



以前から作りたいと思っていた「タオル帽子」を作ってみる。

プロフィール

琵琶子

Author:琵琶子
田舎で暮らす
お気楽主婦♪
・・・だったのに

*2010年6月
 右乳房全摘
*2010年7月~
 FEC療法×4クール
*2010年10月~
 毎週タキソール×4クール
 
*2011年2月
 初発治療終了後
      経過観察中の身

 トリプルネガティブです

家族は

子ども♂3人
(大学3年生、7歳、6歳)

発達障害の子どもたちと
毎日ドタバタ奮闘中!!

ご訪問ありがとうございます

ピンクリボン運動

ただ今のお時間

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。